記事の詳細

あにゃしみか!
朝青岡山の朴鐘勲です!
ここ最近、色んな場所に顔を出しながら、
「民族教育」の未来について
色々と考えを深める機会が多かったので、
いくつか紹介をと思いまして、
筆を走らせています・・・
(実際はキーボードをカチカチと叩いています。)

 

まずは、7月16日に自分の出身地である愛知で行われた
ウリ民族フォーラム2017 in 愛知
「アイチノホンキ」!

 

民族教育というのはただの学校教育ではなく、
同胞社会一丸となって取り組むべき
「共育」だという研究内容、
一世たちへのインタビューや、愛知青商会の先輩達の超実践型活動・・・

 

 

多くの刺激を受けましたが、
何よりもフィナーレの1000人大合唱は圧巻!

 

 

自分が愛知で過ごしていた学生時代にも、
こんな光景は見た事がありませんでした・・・

同胞社会、民族教育の新しい未来を切り開いていく
「アイチノホンキ」をこの目に焼き付けました。

 

次に、7月19日、
全国5か所で繰り広げられている、
ウリハッキョへの高校無償化適用を求める
「裁判闘争」・・

全国に先駆け、広島裁判が判決言い渡しの日を迎えました。

 

結果としては、ウリ原告側の主張が全面棄却され、
「不当判決」を言い渡されることになりました。

 

 

自分は法廷内には入らず、この猛暑の中、
自分達の声よ届けと言わんばかりに
裁判所外でシュプレヒコールを叫び続ける
現役朝高生と共に、外で判決結果を聞くこととなりました。

 

 

報告集会に参加して話を聞いてみると、
裁判所側は、原告当人であり、実際の
就学支援金普及対象となるべきの広島朝高学生
(当時)について何の言及もなく、
ただただ被告代理人弁護士の主張と、
心無いマスメディアの朝鮮学校バッシングの主張を
オウム返しのようにならべ、ウリハッキョに対する
不信感を強調して、原告側の訴えを全面棄却したそうです。
(内容に関しては次の機会に整理してお伝えしようと思います。)

 

 

その報告を聞きながら、
来る日も来る日も街頭宣伝を行ってきた学生達、
涙を流すオモニ達、
大学や全国から駆け付けた卒業生達、
いや、その場にいた皆が悔しさに震えていました。

 

しかし、全国から駆けつけてくれた
同胞弁護士や、オモニ会の代表者達からのエールをもらい、
この結果が単に広島だけでのものではないということ、
全国のウリハッキョ、全同胞で一緒に戦い、
共に勝利を勝ち取るべき戦いだという事を再認識し、
悔しさはいつの間にか、勝利への決意に変わり、
涙は「あきらめない」というシュプレヒコールに変わっていました。

 

 

まだまだ、これからです!

勝利のその日まで前を向いて、共に闘っていきましょう!!

 

最後です!
(長くなってミアナミダ・・・)

7月21日に岡山ハッキョにて、
「少年団クイズ王決定戦」の岡山予選が行われました!

 

 

ウリハッキョ教科書を元に、朝大の先生によって作成された
問題という事で、なかなか難問が続きました・・・

自分とハッキョ先生達も何度顔を見合わせて
「こんなの習ったっけ?」と笑い合ったことでしょう。

いやいや、主役は学生達です!

 


学生達は難問だろうとあきらめず、終始
問題が出題される画面と回答用紙に向き合い、
(勢い的には睨み付け)
最後まで問題を解いていました!

 

この活動をきっかけに、学生達がより勉学に励み、
全国の少年団員達と交流を持てればいいなと、
学生達の明るい未来を描きつつ、
朝青は全力でサポートさせていただきます!

本選は、東京~朝鮮大学校~で行われます!
誰が岡山ハッキョのクイズ王になるのでしょう!

楽しみに続報を待ちましょう!!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る