朝青岡山の活動の全てがここに。朝青情報は定期更新しています。

朝青岡山宣伝部のあの日どんな日⑤~「7.4南北共同声明」~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

アンニョンハシンミカ!
朝青岡山の宣伝部です!

今日の学習は「7.4南北共同声明」についてです。

△7.4南北共同宣言

平壌とソウルで南北関係を改善し、分断された祖国を統一する問題を協議するための会談が開かれた。
ソウルの李厚洛(イ・フラク)中央情報部長が1972年5月2日から5月5日まで平壌を訪問し、平壌の金英柱(キム・ヨンジュ)組織指導部長と
会談を進め、金英柱部長に代わり朴成哲(パク・ソンチョル)第二副首相が1972年5月29日から6月1日までソウルを訪問し、李厚洛部長と会談を行った。
これらの会談で双方は祖国の平和的統一を一日も早く成し遂げなければならないという共通の念願を抱き、虚心坦懐に意見を交換し、互いの理解を増進させる
という点で大きな成果を得た。この過程で双方は長いあいだ互いに会うことができなかった結果生まれた、南北の間での誤解と不信を解き、緊張の高調を緩和し、
さらに祖国統一を促進するために次のような問題において完全な見解の一致を見た。

ー7.4南北共同声明文(全文)

1.双方は次のような祖国統一原則に合意した
一、統一は外勢に依存したり、外勢の干渉を受けることなく自主的に解決しなければならない。
二、統一は互いに双方を反対する武力行使に拠ることなく平和的方法で実現しなければならない。
三、思想と理念・制度の差を超越し、まずは一つの民族として民族的大団結を図っていかなければならない。

2.双方は南北の間での緊張状態を緩和し、信頼の雰囲気を造成するために互いに相手を中傷、誹謗せず、大小に関わらず武装挑発を行わず、不意の軍事的衝突を
防止するための積極的な措置を取ることに合意した。

3.双方は断絶した民族的な連携を回復し、互いの理解を増進させ自主的な平和統一を促進させるために南北間の多方面的な諸般の交流を実施することに合意した。

4.双方は現在、全民族の巨大な期待の中で行われている南北赤十字会談が一日も早く成就するように積極的に協力することに合意した。

5.双方は突発的な軍事事故を防止し、南北間に提起される問題を直接、迅速、正確に処理するためにソウルと平壌の間に常設直接電話を置くことに合意した。

6.双方はこのような合意事項を推進すると共に、南北間の諸般の問題を改善、解決し、また、合意された祖国統一原則に基礎し、国家の統一問題を解決する目的で
李厚洛部長と金英柱部長を共同委員長とする南北調節員会を構成・運営することに合意した。

7.双方は以上の合意事項が祖国統一を一日千秋の想いで渇望するすべての同胞の一途な念願に符合すると確信しながら、この合意事項を誠実に履行することを全ての
民族の前に厳粛に約束する。

互いに上部の意向として
李厚洛 金英柱
1972年7月4日

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 朝青岡山ホームページ「ポラ」 , 2019 All Rights Reserved.